なぜ、自然の近くで
テレワークすることにより
生産性が向上するのか?-長野信濃町の取り組み-

2019年 2月 13日(水)18:00〜
東京ミッドタウン日比谷「BASE Q ホール」

主催:長野県信濃町/特定非営利活動法人 Nature Service

今、働き方を考えるすべての方へ

「自然」とリモートワークの未来

厚生労働省発行の報告書「働き方の未来2035年 〜一人ひとりが輝くために〜」には、次のように記されています。

地方において、豊かな自然を満喫しながら、
都市に住むのと同じようにクリエイティブな仕事ができるようになる。


子育て・仕事・介護・趣味などのバランスを取りながら、
地域に根ざした豊かな人生を送ることも可能になる。

自由な働き方は、都市部への人口一極集中、ストレスや家庭の事情における離職問題などのあらゆる社会課題を解決し、一人ひとりが自分らしい人生を送れる社会を実現できる可能性を秘めています。
私たちNature Service LAB 、テクノロジーを活用した実験・研究により、今まで漠然と考えられていた知的生産性の向上やイノベーションの促進など、自然から享受できる恩恵のエビデンスを科学的に解き明かすための実証実験を長野県信濃町で行いました。
このイベントでは、3年に渡る実証実験の最終報告や、来年5月長野県信濃町にオープン予定の「ノマドワークセンター」のご紹介の他、ゲストスピーカーとして働き方改革に取り組まれている電通サイエンスジャムより神谷社長や、すでにリモートワークの先進的な事例として成果をあげているセールスフォース・ドットコム社より吉野氏をお迎えします。
講演・発表のセッションの後は無料の懇親会もご用意しておりますので、このページのフォームからご予約ください。

Scroll
リモートワークに関する取り組み①

森林体験プログラム造成環境整備開発委託事業

現在、Nature Service LABでは豊かな自然資源を有する長野県信濃町と協力関係を築き、以下2つの観点から都市部の企業が抱える経営課題に対する自然の寄与の効果検証を行いました。
①社員のメンタルヘルス不調のリスク対策、生産性向上という課 題に対して、森林セラピーなどの自然体験プログラム、研修がも たらす効果の検証
②多様化する働き方のマネジメントという課題に対して、自然が近い場所でリモートワークに取り組むことの効果の検証
効果の検証方法として、脳波、脈拍数、体温、睡眠の質などを指標とした定量的な分析を中心とし、主観申告・アンケート回答などの定性的な分析もあわせて行っています。本イベントではこのプログラムの結果報告を行います。

リモートワークに関する取り組み②

ノマドワークセンターが信濃町に誕生

長野県信濃町と特定非営利活動法人Nature Serviceは2018年5月2日に「ノマドワークセンター」開設締結を契約しました。2019年5月オープン予定の当施設は、都心企業を中心に、一時的なサテライトオフィスとして利用することを目的としています。自然豊かな環境と、普段のオフィス環境と遜色ない業務をこなすスペックの両立で、エグゼクティブの経営会議から、ハードウェア系ハッカソンまで、あらゆるニーズに応えます。

開催概要

開催日時 2019年2月13日(水)
17:30 受付開始
18:00 イベントスタート
21:00 終了予定
講演
セッション
働く人の健康から考える生産性向上
① 田中 克俊 氏「健康経営の課題と効果的な対策」
② 木村 理砂 氏「脳波測定による自然体験が寄与する企業経営課題解決への実証実験・最終報告」
③ 神谷 俊隆 氏「簡易脳波測定器と自然体験と組み合わせる可能性について」
先行事例の
紹介
① 吉野 隆生 氏「白浜オフィスの事例を中心に、実践企業としての気付きや成果・課題」
② ディスカッション(吉野 隆生 氏 × 赤堀 哲也)
懇親会 要予約、参加費無料(軽食付き)
名刺交換は交流会までお待ち下さい。懇親会は1時間程度を予定しています。
ライトニングトーク
① 松平 浩一氏 衆議院議員(立憲民主党所属/経済産業委員会/地方創生特別委員会)
② 環境省戸隠自然保護官事務所 前自然保護官 梅田 実生子 氏
③森林セラピーガイド 高力 一浩 氏

会場:東京ミッドタウン日比谷「BASE Q ホール」

・東京メトロ千代田線・日比谷線、都営地下鉄三田線「日比谷」駅直結
・東京メトロ有楽町線「有楽町」駅直結(徒歩4分)
・東京メトロ丸の内線・日比谷線・銀座線「銀座」駅直結(徒歩5分)
・JR 山手線・京浜東北線「有楽町」駅(徒歩5分)

【満員御礼】セミナーへの応募は締切りました。今後メルマガをご希望の方は、以下のフォームにご記入下さい。